今週の人気記事

【ライター記事】私が遭遇した激アツイベント!【ディノさん】

寄稿記事

 

こんにちはディノです。

 

最近は出会い厨じゃない、パチンコで生きた人だと伝えることができて嬉しく思います。

 

今回は、今は亡き(ないはずですよね?)パチンコ店で行っていたイベント。参加した過去を綴ります。他にもこんなのあったよー!とあれば教えていただけると幸いです。主にパチスロの話になります。

 

 

①イベント戦国時代

パチスロ

(※画像はイメージです)

 

軽い話からいきましょう。

 

昔は開店時、パチスロにモーニングという仕込みがありました。これは文字通りお店側が夜な夜な大当たりがわかる状態まで回し、翌日の開店から(朝一=モーニング)雪崩込むお客さんへのサービスでした。

 

朝の一回転目にいきなり当りからスタートできるなんて夢のようですよね。

 

集客のために行っていましたが、次第にモーニング狙いのみと言う人が現れます。もちろんそれだけで帰られると店は赤字になるので、次第に11時まで交換禁止!などのルールが現れました。(私はそのうちの一人です・・・)

 

今も昔もルールで縛らないと無法地帯になるのは変わりませんね。

 

 

通常開店時に全台モーニングは稀で(てかほぼない)5台に1台くらい?当たった人はラッキーだったね。くらいなものでした。

 

しかし新装開店となれば話は別。短時間営業も重なれば(17時開店など)高確率でパチスロの島は全台モーニングスタートでした。

 

開店前に着席した猛者共が、今か今かと鼻息荒く、開店アナウンスと同時に1枚掛けでボーナスを狙う。

 

矢継ぎ早に大当りを告げる台番ランプ、アナウンス。輪唱のように流れるBIGのBGM。

 

この光景は経験者じゃないと分からぬ独特の高揚感でした。その中において何故かたまに、REGスタートが混じり

 

「店長やりやがったな!」

 

なんて思った経験も載せときます。(もちろん私)

 

②ボーナス早掛けで設定変更

画像2

 

これもあった、あった!と言われるサービスでした。大抵、朝一から対象の島が告知され、その機種で「BIG5回引いた先着1名」が最高設定に打ち替えてもらえるのが主でした。

 

中には設定6ではなく、5に打ち替える人も居まして「5の方が波が荒いから」なんて言うのは当時は実しやかに囁かれていました。(勿論、仕様上本当に6より狙える5も存在しました)

 

大体はBIG早掛けですが、癖のあるホールだとREGの早掛けにしたり。BIGを引いて喜ぶ場面が

 

「あー、リプレイハズシなんてやってらんないよ」

 

と涙目に他の人がREGを引く事に怯えつつ消化する場面を何度も見ています。

 

③BIG終了後クレジットが落ちれば〇〇

 

これも・・・あるあるですよね。店側がBIG後に手動リセットか自動リセットかを選べ、手動リセットの場合、クレジット分が下皿に払い戻される見た目以上にアツいイベントです。

 

とにかくBIG終了時に全精力を注いでましたね。クレジットが勝手に消える瞬間を(笑)

 

たまに粋なホールがあって、隣がクレジット落ちて意気消沈していると、自分も連番で対象だったなんて経験があります。(射幸心の塊だな)

 

④スタンプカードで設定打ち替え

ポイントカード

 

これもあるあるですね。細かい仕様は店舗によって違いますが、1日一回スタンプを押して該当個数が貯まると任意の設定に打ち変えると言うものです。

 

今の軍団時代にこんな事やってたら店、潰れますよね(笑)

 

かつて彼女がいた時代ですが、一緒にスタンプを集め連番で設定6の権利を取得した事があります。機種はアステカとワードオブライツ。

 

彼女は全く目押しができず、頭数として彼女にお願いしてましてね。なかなかのクズですが、必ずプラスになって欲しいもの買えるから!なんて言った記憶がございます。

 

彼女はアステカ、私はワードラで時に6リール目押しになる時間帯もございましたが、それは心地よい時間でした。

 

これには後日談があり、スタンプで確保できる台は通常Aタイプ。つまり、CTやATや大量獲得タイプは除くものから選ぶはずだったのです。指示系統が機能してなくて助かりました。

 

⑤札やリールの並びなど

画像4

 

朝から並ぶメリットは他にもございます。それが宝探し系イベントです。

 

一例を出すと設定の入ってる台は朝一にリールを揃えて示唆するというもの。もちろんただ7が揃ってるだけなら徹夜で並んだ人の勝利。

 

それを防ぐ為に7の並びには信頼度がありました。中段揃いは高信頼度で、上下並び、斜め揃いは信頼度落ちるなど。その内どこもやり始めたのでこの手の信頼度はガタ落ちになります。

 

同じく朝に札を指して設定示唆をするもの。最初は平社員が夕方になって社長札に成り上がるサクセスストーリーや(笑)偶数設定かも?から4か6かもと成り上がったり、まあ色々でしたね。

 

後期には札を差すだけ指して、設定確認をさせてくれない店舗も多くあったので、信頼度と言う点でこの手のイベントはアツくはなかったのでしょう。

 

 

パチンコも先着でゲーセン釘!のようなイベントやリセットしてくれたり、確変中から打てる権利など色々ありました。

 

しかしどの店舗も最後は(2006~2007年頃)イベント疲れな気がしました。今は店舗減少、1日の期待値も下がり、お上の言う通りイベントはない方が良いでしょうね。

 

遊技客のこれ以上の離脱は、プロを含む上手い人達のパイの取り合いになるだけで、そうなるといよいよ利益の取れない店舗はさらなる締付けをすることでしょう。

 

私がSNSで発信を始めてから、気づいたのはとにかく情報社会、パチンコの上級者が増えすぎたこと。その行動も露骨なものが多く、パチンコの存亡に赤信号が灯るのも時間の問題です。

 

以上、最近まで【特定日】があるだなんて知らなかったディノがお伝えしました(真顔)

 

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ