今週の人気記事

【ライター記事】元スロプロが勝手に分析!わしょうさんの立ち回りって勝ち組!?負け組!?【banさん】

2021年5月1日寄稿・ライター記事

元スロプロのbanです。

今回は、「元スロプロが勝手に分析!わしょうさんの立ち回りって勝ち組!?負け組!?」をご紹介させて頂きます。

 

わしょうさんってパチスロうまいの?

元スロプロのbanがわしょうさんの言動と立ち回りを見て勝手に分析してみました。

 

 

わしょうさんの発言内容や立ち回りが負け組だったら逮捕ですね。

 

 

パチスロで勝つなら絶対覚えましょう。

 

 

それではどうぞ

 

パチスロでもっと勝ちたいかたはbanのブログ

 

 

わしょうさんは「パチスロ勝ち組さん」だった

結論からお伝えしますと、わしょうさんは「パチスロ勝ち組さん」です。

 

 

なので、逮捕はしません。

 

 

元スロプロのbanは、今回「パチスロ勝ち組さん」か「パチスロ負け組さん」か見極めるポイントを5項目で分析しました。

項目内容
ポイント1高設定を探す、見つける思考をもっているか
ポイント2高設定を打ち切る思考をもっているか
ポイント3自分なりの理屈をもって、低設定を見切っているか
ポイント4立ち回りの選択肢をどれくらいもっているか
ポイント5退却することを知っているか

 

 

「パチスロ勝ち組さん」は、最低でも4項目が当てはまります。

わしょうさんは、5項目中5項目すべて当てはまりました。

 

 

ちなみに、わしょうさんの立ち回りは、Twitterのコメントとブログ記事を拝見させて頂いた情報から、以下3点の組み合わせした立ち回りがメインだと推測します。

  1. クセを掴んでいるホールさんで立ち回り
  2. 強イベント狙い
  3. 高設定が入りやすい傾向の機種を狙う

 

 

わたくしbanは、どちらかというと「ジグマ系」なので、わしょうさんとは違う立ち回りになります。

強イベントのため、稼働率が高く朝一失敗すると、空き台がなかなかでてこなので、わしょうさんの立ち回りってけっこう難しいんです。

 

 

わたくしbanは、この立ち回りが苦手です(;^ω^)

 

 

「勝ち組さん」か「負け組さん」判定結果

ここでは、わしょうさんが「パチスロ勝ち組さん」である判定した理由を解説していきましょう。

Twitterでの発言内容から「パチスロ勝ち組さん」であることが見えてきます。

 

 

パチスロでもっと勝ちたいかたはbanのブログ

 

 

高設定を探す、見つける思考をもっているか

「パチスロ勝ち組さん」その1「高設定を探す、見つける思考をもっているか」については、以下のTwitterコメント+ブログ記事が推測することができます。

 

 

このブログ記事を拝見させて頂くと、最初にイベントの特徴をしっかり理解しているところが確認できます。

 

 

つぎに、過去のイベント内容の結果を確認していることから、イベントの信頼性や高設定配分を推測しています。

 

 

パチスロでもっと勝ちたいかたはbanのブログ

 

 

高設定を打ち切る思考をもっているか

「パチスロ勝ち組さん」その2「高設定を打ち切る思考をもっているか」については、以下のTwitterコメントから推測することができます。

 

 

 

 

 

 

この3つのTwitterコメント+ブログ記事から、わしょうさんは高設定に自信がある場合、高設定が確定している場合でも「期待値を追い続ける思考」をもっていることがわかります。

 

「期待値を追い続ける」=パチスロでもっとも勝ちに近づける方法の1つです。

この思考をもっているかどうかでほぼ、パチスロ勝ち組さんか負け組さんかわかります。

 

 

ちなみに、この思考をもっているが年間収支がマイナスの方もいらっしゃいますが、それでもわたしくbanの判定は「パチスロ勝ち組さん」と判定します。

 

 

間違えないで頂きたいのは、年間収支プラス=パチスロ勝ち組さんではありません。

 

 

 

パチスロでもっと勝ちたいかたはbanのブログ

 

 

自分なりの理屈をもって、低設定を見切っているか

「パチスロ勝ち組さん」その3「自分なりの理屈をもって、低設定を見切っているか」については、以下のTwitterコメントから推測することができます。

 

 

このTwitterコメントから、自分が打っていた台が、中間設定だったと推測していることがわかります。

自分の台が、設定56でなかった場合、低設定だったのか、中間設定だったのかを見極めることは、次回の立ち回りに活かすことができるため、とても重要なことです。

 

 

わたくしbanも必ず実践しますが、狙い台で設定56ではないなと感じたときに、投資状況、出玉状況、稼働状況に応じて、低設定なのか中間設定なのかあえて見極めて打つことがあります。

 

 

理由は、次回の立ち回り時にこのイベントでは中間設定が多めに配分されるのか、低設定が多めに配分されるのかを認識することができる為です。

 

 

これを認識することで、次回同じイベントのときでも低設定、中間設定に惑わされずに高設定を狙いにいくことができるようになります。

 

 

 

パチスロでもっと勝ちたいかたはbanのブログ

 

 

立ち回りの選択肢をどれくらいもっているか

「パチスロ勝ち組さん」その4「立ち回りの選択肢をどれくらいもっているか」については、以下のTwitterコメントから推測することができます。

 

 

 

このTwitterコメントから、朝一の入場順番に応じて、立ち回りを複数考えていることがわかります。

また、設定1が否定されたから粘るという思考では、粘るという判断は弱いと考えていることから、高設定要素となる根拠が必要だと考えていることが推測できます。

 

 

高設定要素となる根拠をもとに立ち回ることが高設定狙いではとても重要になります。

 

 

高設定があるかわからない機種で、設定判別することと、

高設定がある機種で、設定判別することでは全然違いますよね。

 

 

わたくしbanもまったく同じ立ち回りを実践しています。

高設定がある可能性が高い機種で、設定判別しているからこそ高設定を取れる可能性が高くなります。

 

 

 

パチスロでもっと勝ちたいかたはbanのブログ

 

 

退却することを知っているか

「パチスロ勝ち組さん」その5「退却することを知っているか」については、以下のTwitterコメントから推測することができます。

 

このTwitterコメントから、星矢SPは設定6しか狙っておらず、設定6でなかった場合には、次の狙い台を打つことは難しく、勝てる確率が低いと考えており、つねに退却も選択肢にいれていることがわかります。

 

 

わたくしbanは、強イベント時でも潔くスパっと退却するという選択肢を選ぶことができる方は、パチスロ勝ち組さんだと考えています。

 

パチスロで負けている方は、退却という選択肢の判断が遅いです。

 

 

勝てる確率が高いときには攻める(=例:高設定をツモしてるが展開負けしている時)

負けるときには退却する(=例:強イベントで自分の台低設定+稼働率高すぎで稼働できない時)

 

これをいかに早く判断するかが大事になります。

 

 

 

パチスロでもっと勝ちたいかたはbanのブログ

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「【ライター記事】元スロプロが勝手に分析!わしょうさんの立ち回りって勝ち組!?負け組!?」をご紹介させて頂きました。

 

 

元スロプロのbanが勝手にわしょうさんを分析させていただきました。

結果、バッチリ「パチスロ勝ち組さん」であることがわかりました。

 

 

高設定狙いをしたいとお考えの方はわしょうさんのTwitterコメントやブログ記事(イベント情報)を確認して、同じ考え方になるようにしましょう。

 

 

わしょうさん、勝手に分析してしまいまして大変失礼しました。

 

 

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

 

パチスロでもっと勝ちたいかたはbanのブログ

 

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ