今週の人気記事

【ライター記事】コンビニ勤務時代のセカンドインパクト~vol.2~【ディノさん】

寄稿記事

 

こんにちは、ディノです。

 

前回からの続き物です。良ければ前章もお読みいただければと存じます。

 

今回は一緒に働いたクセの強い従業員のお話。いつものクセスゴお客様の2本立てでお送りします。

 

 

①アメリカ帰りのヒップホッパー

画像1

 

私のバイト先は駅前でもないし、交通の便が良いとも言えない。パートのおばさんは【陸の孤島】なんて揶揄してたくらいでした。

 

アルバイトの募集をかけても学校が近いわけでもなし、集まる理由がなく、途方にくれる時間を数ヶ月味わいました。

 

そんな時、一本の電話

 

「あのぉー、バイトってぇ、募集してますかぁ?」

 

ゆったりと独特のイントネーション。鼻にかかった声で問いかける。正直、この瞬間から嫌な予感はしてましたが、喉から手が出るほど切望したバイト募集。丁寧に受け答えし、店のオーナーに繋いだのです。

 

 

2日後、彼は面接にやってきました。ダボダボの七分丈ジーンズに腿まである長いTシャツ。頭はターバンみたいなのを巻き、腕にはミサンガを大量に巻いていました。

 

おおよそ面接に来る格好ではないです。

 

入店後、相撲のすり足のように、体は小刻みに上下させながら店内を進む。歩き方もヤバいです。彼は深夜希望なので私の相方か・・・。

 

突然ですが、当店のメリットを上げるとすれば緩いこと。ただ、それは同時にデメリットにもなり得る。つまり完全に現場主義なのです。

 

オーナーがあれこれ干渉しない代わりに、トラブルも自分達で何とかしろというのです。そもそもオーナーは店にいないです。

 

然るにこのヒップホッパーを私が一人前に育てなければならない。謎のプレッシャーが私にのしかかります。できるだろうか?話を聞いてくれるだろうか・・・。

 

 

迎えた仕事初日。

 

意外にも勤務態度は良好。こちらの勝手に作り上げたイメージでした。ちゃんと働けます。ただ絶対に走らないけど。喋り方もゆっくりだけど。

 

「おはようございますぅ」

 

とある日の仕事前、私は目を疑いました。

 

リズミカルに体を上下し、入店するその肩には巨大ラジカセ。何それ担いできたの?しかもボリューム大で。

 

画像2

 

 

まずは自分を叱ります。なんて脳の回転が私は遅いんだ。とっさの現場に正しい判断が下せないとは・・・。

 

ディノさんは考えました。とりあえず職場に巨大ラジカセはだめだ!休憩室の空間は限られているのです。

 

・・・違った、そういう物理の話ではなく。

 

一般常識だ。モラルだ!マナーだ!

 

やっと注意できたディノさんを尻目に、彼は不思議そうな顔でラジカセの電源を切ります。どうも私が間違っているようです。

 

 

ある時ヒップホッパーは無断欠勤します。

 

コンビニバイトではよくあるバックレと言うやつです。何度電話しようにも繋がらず。

 

根性なかったな・・・残念な気持ちとどこか安堵感が混じります。やっぱ癖が強いから!やり辛さはありましたよ。

 

しかし彼は次の出勤日、普通に来店。

 

さすがの私も狼狽し、オーナーに助けを求めます。

 

以下オーナーとの会話。

 

オ「無断欠勤は駄目だよ、何かあったの?」

 

ヒップ「友達とサッカーしてましてぇー。華麗にオーバーヘッド決めようとしたらぁ、そのまま頭から落ちて気を失ってましたぁ」

 

・・・・・・

 

こ、こいつ真顔で何言ってるんだ?作り話でもマシなのあるだろ。しかし、先にも述べた通りウチには人材の余裕がないのです。

 

誰もが絶対に嘘をついてると思いましたが、切り出せず次からしっかり出勤するよう釘を刺します。とりあえずこれで様子を見ましょう。

 

 

・・・また無断欠勤しました。

 

このタイプはやり始めると止まらんか。流石にもう来ることはないでしょう。と私も思いましたがとんでもない。

 

彼は次の出勤日にまたも来店。

 

一応、彼の弁を聞く。

 

オ「流石に2回目は見逃せないよ。今度はどうしたの?」

 

ヒップ「僕ぅ〜、アメリカ帰りなんですけどぉー、ビザの関係で入管に見つかってぇ、拘束されてぇ、連絡取れなかったんすよぉ」

 

・・・・・・

 

・・・・・・

 

流石に他のシフトにも迷惑掛かるので辞めていただいたが、真顔でそんなことを言う人もいます。真偽不明だが仮に本当でも、逆に危ないのでどちらにしても終了です。

 

②怪しがる人

女性悩む

 

夏でも長袖を羽織る初老のおばさまが居ました。少し寒がりだった気がします。店内に入る

 

「寒いわね」

 

と肩をすぼめていましたから。

 

ちょっと小太りの、ほっぺが少し垂れて柔らかい印象の方でした。

 

最初の頃は問題なく、ちょっとした買い物に寄り、他愛のない会話をする。そんな常連さんでした。

 

 

そんなおばさま、何がきっかけかわかりませんが、ある時から入店時に目を細めて私を警戒するようになりました。

 

逆に挙動不審すぎて、こちらが警戒してしまいます。私は何もしてないぞ?ていうかうちの店、なんでこんな人ばかりなんだ。

 

何も買わずに店内一周して帰るときもあるので、そりゃ怪しいわけです。しかも目を細めて常に警戒してですよ?元々、常連だったし来店頻度も高めです。

 

来店のたびに考えるんです。私は何かしたか?話をされないほど失礼な態度とったか?そもそもそれならここに寄り付きませんよね・・・。

 

しかし実際、何も起きず時は進みました。とはいえ会話も無く、気まずい空気だけが流れます。

 

 

秋も深まり冬の足音が聞こえる季節になりました。

 

おばさまはいつものように自動ドアが開き切ってから、こちらを睨みつける態度を取ります。ほんとこうも変わる?ってくらいの変貌でした。

 

いつものように店内を一周。私と距離を取るため、レジ前には来ません。その間もこちらを常に細目で監視。しかし私も今回は気になることが。

 

寒くなり、おばさまはちゃんちゃんこを羽織っていたのですが、着膨れと言えないほどにポケットが膨らんでいます。入店時も距離があり確認出来ませんでしたが、これは・・・

 

バアサンやったな!?

 

画像4

 

 

現場は確認してません。しかし流石に声は掛けておきたいと思い、店を出たおばさまを呼び止めます。

 

警戒モードになってからおばさまは、基本買い物しなくなったんですね。それも私の行動に拍車をかけたのだと思います。

 

ディノ「あ、こんにちは」

 

冬の到来を告げる風。ドラマの最後のシーンの様に緊迫感が二人を包みます。枯れ葉多め。

 

おばさま「何よ」

 

ディノ「ポケットがすごく膨らんでまして、何が入ってるのかなー?と気になりまして」

 

おばさまは見て取れるレベルで不機嫌メーターマックス。目が無くなるのでは?というほどに細みがかります。

 

 

おばさま「何もないわよ」

 

声を掛けた以上、もう引き下がれない。ポケットの中を見るだけでいいのです。

 

おばさま「何もないわよ」

 

繰り返すおばさま。私はすでに最上位の【疑心暗鬼モード極】にいたのでまずはポケットの外側から中身を感じようとしました。

 

おばさまは私の手が伸びるのを感知すると、反射的にポケットに手を入れます。

 

ディノ「こんなに膨らんでいるんだ!」

 

「何を入れてるんですか!」

 

おばさま「何もないわよ!そんなに見たきゃ見せてやるわよ!」

 

おばさまは絶叫します。

 

そしてポケットの中身を盛大に空に撒きます。

 

大量の枯れ葉でした。

 

つづく?

 

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ