今週の人気記事

【新台】『Sアラジン クラシック』は設定示唆・店長カスタムを搭載していないらしい

業界ニュース

 

わしょう
わしょう
わしょう(@washo613)です

 

本日も「ぱっすろたいむ」のお時間です。

 

ぱっすろたいむは管理人が仕入れてきた旬の業界ニュースを3つ厳選し、サクッと皆様にお伝えする記事です。

 

本日もはりきってパチンコ・パチスロ業界の最新ニュースをお届けします!

※選別基準は僕の独断と偏見によるものです。

 

 

 

【新台】『Sアラジン クラシック』は設定示唆・店長カスタムを搭載していないらしい

 

2022年1月24日導入予定 サミーの6.2号機パチスロ『Sアラジン  クラシック』設定示唆・店長カスタム非搭載!?

 

動画じゃなければアップして良いということで、

アラジンクラシックのご案内です。

 

 

 

~中略~

 

液晶であれこれ示唆ったり、

有利区間で打っちゃいけないゲーム数とか、

止めちゃいけないゲーム数とか、

アイテムやポイント集めるとかは・・・

 

一切ない所が、

逆に打ちやすいと感じました。

 

ちなみに設定示唆もないようです。

だから店長カスタムもないようです。

 

最近は店長カスタムにハマっていただけに

残念にも思いますが、

アラマスやアラジンAの時も、

 

集中の初当たり確率や

単チェからの移行率などの

打感で設定を推測したものです。

 

サミーさん凄いの作りましたね。

 

今回のアラジンクラシック・・・

個人的には、あり寄りのありです。

 

引用:s-tenchoのブログ

 

 

 

 

これは新しいですねぇ。

 

液晶は左側のちっさいやつだけのようですね。ディスクアップっぽい感じですね。めっちゃクラシックやなぁ!

 

設定示唆なしってことはサミートロフィーも搭載してないって事かな?いやーこれ面白い試みだと思いますね!

 

確かに大正義ジャグラーに設定示唆なんてないですもんね。

 

ブドウと単独レギュラー数えて「あ~これ5くらいはありそうやなぁ」とか自分で勝手に思ってるだけですからねぇ。

 

アラジンクラシックもそういうのを目指してるのかもしれないのですね。うん、僕はこれは面白い試みだと思いますねぇ!

 

京楽からジャグラーみたいな新台が出るらしい

 

京楽からジャグラーみたいな新台が登場予定?

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャグラーやん(直球)

 

はい、という事で今回はジャグラーみたいな京楽の新台パチスロ『ギャグダー』のご紹介です。

 

ギャグだー!ってことでギャグダーって機種名なんですかね?やば、めっちゃおもろいじゃないですか(真顔)腹筋崩壊不可避。

 

謎のボーナス連でワンチャン1000枚狙えるようなので、おそらくAT機の疑似ボーナスかな?続報に期待しましょう!

 

ユニバーサル元会長の現在

 

パチスロメーカー最大手「ユニバーサルエンターテインメント」の岡田和生元会長の現在がコチラです。

 

パチスロメーカー最大手「ユニバーサルエンターテインメント(UE)」の岡田和生元会長は、本来であればカジノ業界の牽引役を任されるはずだった。だが2017年6月、UEの株主総会に出された解任決議に元会長の長男と長女が筆頭株主として賛同した末、放逐された。そしていま、無一文になるかもしれない状況に陥っている。

 

元会長追放劇の流れで、UEは元会長の公私混同を裏付ける調査結果を公表した。個人的な利益を得る目的で資金を還流させ、UEに計1億5100万香港ドルと17万3500米国ドルの損害を与えたとされる。

 

18年3月には、投資家の細羽(ほそば)強氏が、元会長を相手取って株主代表訴訟に踏み切った。UEの調査結果の損害額に加え、その調査費用など1億円を合わせた計23億円超をUEに支払うよう求めたのだ。

 

目下、この訴訟が佳境を迎えている。訴訟では、元会長は公私混同を否定する主張を行い、さらに元会長自身の申し出により、今年6月に証人尋問の日程も組まれていた。ところが、当日にまさかのドタキャン。そのまま裁判は結審し、11月下旬には判決の予定である。

 

 

元会長敗訴の場合、莫大な賠償金の元手は元会長の個人資産となる。個人資産は主に、UEの株式を7割近く保有するファミリー企業「オカダHD(ホールディングス)」の46.38%の株式。現在、UEの株式時価総額は2160億円のため、保有割合から換算すると、実質的に680億円超の価値を有する.

 

とはいえ、その個人資産も、三行半を突きつけられた妻から狙われている。現在79歳の元会長には1999年に再婚した31歳年下の妻がいるが、元会長がUEを放逐された翌年の18年以来、離婚裁判が続いているのだ。

 

裁判で元会長は、毎月200万~300万円をカードで自由に使わせたり、ハワイに妻名義で10億円以上の別荘も購入したと主張。妻には不貞の噂も絶えず、育児放棄も甚だしかったなどと落ち度も並べ立てていた.

 

仮に離婚裁判で個人資産を奪われずに済んだとしても、UEが、株主代表訴訟で賠償命令が出たら、直ちにオカダHD株の仮差押えに着手する準備を進めているという。

 

かつては長者番付1位も獲得したカリスマ経営者の老境は、創業した会社からも家族からも爪弾きにされ、悲愴感すら漂わせている。

 

引用:Yahoo!JAPANニュース

 

 

・・・・・・・。

 

完全に違う世界の人の話すぎて全然ピンと来ませんが、ここまで成功を収めた人でもこんなことになるもんなんですねぇ。

 

31歳年下の妻ですか、やはり男はお金持ってりゃ何とかなるんですね。てか毎月200万もどうやって使うんですかねぇ(白目)

 

まーべるさん
まーべるさん
たくさん出りゃ設定示唆なんてどうでもいいのよ

ぐーすちゃん
ぐーすちゃん
こういうのでいいんだよ

 

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ