おすすめ&最新記事

【寄稿】パチンコ店は慈善事業ではない【ディノ】

寄稿記事

 

こんにちはディノです。

 

今回は表題についてお話しします。私は辟易しました。

 

年末の給付時に、親の趣味と言いつつもパチンコの画を使い無駄遣い感を出したり、年始に某パチンコ店に並ぶ人を取り上げ嘲笑するような番組構成をするなどマスコミのバッシングも依然、継続中で今の御時世に於いて何か攻撃対象を作らないと、鬱憤を晴らせないようなのです。

 

画像1を拡大表示

 

パチンコをする人自体が悪。そんな思いが透けて見えます。また一部のパチンコ・パチスロの勝ち組はわからないかもですが、未だ収支で言えば負ける人が多いのも現状です。

 

そんな中、物にあたりパチンコ店備品の器物破損、SNS等の誹謗中傷など後を絶ちません。

 

冷静になぜこのような事が起きてるか、考えていきましょう。

 

 

①パチンコは遊技である

画像2を拡大表示

 

一番大事な話です。パチンコは遊びなんです。

 

「んなことわかってる!」

 

そう言うでしょう。オブラートに包んでも仕方ないので言いますとパチンコは結果、お金を手にする事ができます。これが勝ち負けの概念を生み出しています。

 

仮にお金にできず、玉やメダルは全て景品に交換するとしたらどうでしょうか。

 

本来それが正しい姿なのですが、間違いなくパチンコに行く人は減るでしょう。

 

 

見方をちょっと変えます。

 

ディズニーランドやUSJに代表されるテーマパークや遊園地をご存知ですね。

 

あそこに遊びに行き、一日滞在して

 

「あー金返せ!」

 

という感情が湧くでしょうか。

 

まずあり得ませんよね。それはそれだけの価値を提供されたのが納得できるからです。理解できるからです。

 

人件費、設備運用費、材料費などチケット支払いを元に捻出しています。当たり前ですよね。

 

パチンコ店も同じです。遊びなんですから、お客様を楽しませる分、人件費や光熱費、機械代など捻出しなければいけません。

 

遊んだ遊んだあー楽しかった。と【場代】を払う感覚が欠如してる人があまりに多いと感じます。

 

②ゲームセンターがあるじゃない

画像3を拡大表示

 

「楽しかったで済ませられないんだよ!幾ら使ったと思ってんだ!」

 

そんな声も聞こえてきます。お金を使わずパチンコ・パチスロで遊ぶならゲームセンターがありますよね。

 

私もよく行きますが3000円もあればそれ以上使わず、実機で遊ぶことができます。これなら負けた感覚に陥らないでしょう。

 

 

負けると怒るのに何故パチンコに行くのか。答えは簡単、お金にしたいからです。

 

ゲームセンターに行かないのはお金にならないからです。実際、私の周りにそういう人は多いです。それは無駄な時間だと錯覚しているのです。

 

パチンコ・パチスロで勝てるのは遊技人口の1割と言われています。妥当な数字でしょう。皆が勝ち続けたらパチンコ店はとっくにこの世から無くなっていますから。

 

それなのにゲームセンターで金は使いたくない。パチンコ店に足を向けるのは下心があるからです。それをまずは認めてください。

 

③ギャンブル依存=パチンコの構図

画像4を拡大表示

 

ギャンブル依存症のギャンブルって何を思い浮かべますか?

 

そんな質問をして競馬や競艇、宝くじを思い浮かべる人はいますか?まずいませんよね。街中アンケートを取ったら間違いなくパチンコと言われるでしょう。

 

それだけパチンコには負のイメージがついています。

 

 

例えば宝くじだってギャンブルですからね?しかもリターンは勝った人ならわかりますがお察しレベルです。

 

くじが外れて「金返せ!」となる人はまずいないと思います。「あーハズレた仕方ない、また来年かな」で終わらないですか?

 

宝くじの収益がどのように使われてるのは調べればわかります。パチンコ店が儲かる商売でお客さんから金を巻き上げるだけの商売なら、昨今の閉店ラッシュなどおきません。意外とジリ貧なんです。

 

ここまで説明して「確かに」と思う人が少しでもいれば幸いです。

 

④最後に

ダメを拡大表示

 

パチンコ・パチスロは勝てる遊びです。よく聞く通販やネットの攻略法とかじゃないですよ?あんなのに金出しちゃだめです!あれはまず詐欺です。

 

ついでなんでこういう言い方に変えます。”誰でも勝てる攻略法”を人に教えるかってことです。自分だけが知られないように勝ちまくったほうが良くないですか?人に教え広まれば店にも知れ渡るし、攻略の鮮度は短くなります。

 

実際のパチンコの勝ち方は地味です。正攻法できちんと数字を理解し【実践】するのみなんです。

 

 

もちろんそこに行くまで周りと同じ努力では辿りつきません。その他大勢と同じやり方ならみんな勝ってますからね。

 

そういう意味で負けて当り散らす人がもし、読者でいらっしゃるなら勝つロジックを真剣に勉強しましょう。負けない思考は少なくても身に付きます。なんなら他の遊びも沢山あるのでパチンコは卒業でもいいかもしれません。

 

私が去年から発信する中で驚いたことがあります。

 

ネット普及で勝てる人が本当に増えたということです。と、言うことはパチンコ店にお金を落とし続ける人の負担も大きくなっているはずなんです。遊技人口は確実に減りパチンコが上手な人も増えていますから。

 

 

なのでパチンコは遊び。その基本を思い返してもらい

 

「適度に遊ばしてもらった、これは【場代】だ」

 

そんな風に思考を柔らかく出来れば、パチンコにのめり込み負けることも少なくなるのでは?と思います。

 

全ての選択は貴方自身が取ったものです。パチンコ店を選んだのも遊技機を選んだのも、使ったお金もあなたの意思です。

 

誰かに強制されたわけじゃない。それも頭に入れおくと、向き合い方も変わりますよ。

 

あと、楽しく実践する私のYou Tube動画もございます。こちらも観ていただけると嬉しく思います。というお決まりの宣伝で今回は締めさせていただきます。

 

【いいね!と思ったら押して下さい】

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村