おすすめ&最新記事

【ライター記事】懐かしい!衝撃的だった4号機パチスロ台 ~巨人の星3編~【banさん】

寄稿記事

元スロプロのbanです。

今回は、「【ライター記事】懐かしい!衝撃的だった4号機パチスロ台 ~巨人の星3編~」をご紹介させて頂きます。

 

 

巨人の星なのに液晶搭載!?

特訓突入したのに外れる!?

 

 

 

YouTube設定当てクイズ ~新ハナビ編~

 

 

それではどうぞ

 

 

パチスロでもっと勝ちたいかたはbanのブログ

 

 

衝撃的だった4号機パチスロ台 ~ST機時代編~

4号機 ST機時代で、管理人が衝撃的を受けたパチスロ台をまとめてみました。

 

 

 

めちゃくちゃ勝てた台。

めちゃくちゃ負けた台。

設定6がわかりやすかった台。

斬新な演出だった台。

 

 

 

などなどを紹介していきます。

今後紹介していこうと考えている機種ラインナップはこちら

 

 

画像 機種名
吉宗(大都技研)
北斗の拳(サミー)
押忍!番長(大都技研)
主役は銭形(平和)
キングオブマウス(オリンピア)
大ヤマトA(ビスティ)
回胴黙示録カイジ(ロデオ)
巨人の星(アリストクラート)
おそまつくん(大一)
巨人の星3(アリストクラート)
鉄拳(山佐)
トゥームレイダー(ビスティ)
鬼武者3(ロデオ)

 

 

衝撃的だった4号機パチスロ台「巨人の星3」

衝撃的だった4号機パチスロ機は「おそ松くん」です。

機種概要をまとめてみました。

 

 

項目 内容
画像
仕様 ST+B450タイプ
機械割 設定1:95.5%
設定2:98.2%
設定3:100.1%
設定4:104.5%
設定5:109.3%
設定6:114.4%
  アリストクラートから登場したマシン「巨人の星3」。本機の特徴は以下3点
特徴
  1. 巨人シリーズ初の液晶搭載
  2. 特訓が自力CZに変化
  3. 高確移行率に大きな設定差
1.巨人シリーズ初の液晶搭載
初代巨人の星、巨人の星2では5thリールでしたが、今作巨人の星3は液晶が搭載されました。

 

当時、巨人3が導入されたときは、液晶搭載は衝撃でした。

2.特訓が自力CZに変化
初代巨人の星、巨人の星2のときには、特訓突入=ボーナス確定でしたが、巨人3は、特訓突入=ボーナス確定ではありません。

 

 

巨人の星3の特訓の特徴は以下となります。

  • 特訓モードのゲーム数:10Gまたは20G
  • 特訓中はリプレイ確率が約1/2.2にUP
  • リプレイ3連で放出抽選(全設定共通1/2.67)
  • リプレイ4連でボーナス確定
  • 特訓最終Gでリプレイを引いた場合、リプレイを引き続ける限り特訓が継続する
3.特訓モード突入方法が特徴的
今作の特訓モードの突入方法は以下となります。

 

  1. 通常時:特訓モード高確率状態への移行抽選
  2. 通常時(特訓モード高確率):特訓モード発動抽選
  3. 特訓突入

 

通常時は、リプレイ3連、スイカ、チェリーで特訓モード高確率状態への移行抽選が行われます。

通常時(特訓モード高確率)に当選したら、ベル、スイカで特訓モードの移行抽選が行われます。

移行抽選に当選すると見事特訓モードが発動します。

 

突入率が大幅UPした特訓

今作の巨人の星3は、前作巨人の星、巨人の星2と比較して、「特訓の突入率」が大幅にUPしました。

特訓モード高確率によって、特訓モードを抽選してる期間が長くなりました。

 

 

 

特訓モード高確率は、リプレイ3連、チェリー、スイカで移行、さらに高確率ゲーム数を上乗せします(最大255G)

高確率が長ければ、長いほど特訓に突入させることができます。

 

 

ただし!

 

 

 

特訓モード高確率時に特訓発動条件をクリアできなければ、特訓に突入させることはできません。

これが今作巨人の星3の怖いところでもあります。

ちなみに特訓モード高確率時の特訓発動条件は以下となります。

設定 ベル スイカ
設定1 1/3.0 1/1.3
設定2 1/2.9 1/1.3
設定3 1/2.8 1/1.3
設定4 1/2.7 1/1.3
設定5 1/2.6 1/1.3
設定6 1/2.5 1/1.3

 

 

 

今作の特訓は、10Gまたは20G継続し、その間はリプレイ確率が約1/2に大幅アップします。

リプレイ3連続でボーナス放出抽選(1/2.67)

リプレイ4連でボーナス確定となります。

 

 

 

好きなところは「自力型になった特訓」

巨人の星3の好きなところは、「自力型になった特訓」です。

冒頭でもお伝えしている通り、今作の巨人の星3の特訓はボーナス確定ではなく、「自力型」になっています。

 

 

 

特訓が自力型になったことが嫌いという方もいらっしゃいますが、banは好きです。

自力型になったことで、特訓の突入率が低くなったため、低設定でも打ちやすい機種になりました。

 

 

当時は高設定狙いもゾーン狙い、天井狙いもしていたのでこの仕様はありがたかったです。

 

 

特訓中は、熱い出目をだして楽しんでましたw

 

 

左リールにリプレイ・スイカ・リプレイや左リール停止後の中押しでリプレイ・チェリー・リプレイ停止、右リール白7・リプレイ・BAR停止でもリプレイの可能性が高まります。

 

 

リプレイ3連後の次ゲームでこの出目が止まると熱くなりました。

 

 

banは、巨人の星3との相性がよかったので、設定6で何度も5000枚以上ださせて頂きました。

特訓でのリプレイの引きが強かったので、低設定でも勝てるんじゃないか疑惑浮上しましたw

 

 

嫌いなところは「特訓がうまくないと設定6でも負ける」

巨人の星3の嫌いなところは、「特訓がうまくないと設定6でも負ける」です。

 

 

巨人の星3のボーナス当選契機は、

  • 規定RTゲーム数消化
  • 特訓モード中のリプレイ3連時の放出抽選に当選
  • リプレイ4連目
  • 純ハズレ(1/65536)

 

 

そして、巨人の星3は、192Gを超えるとほぼ規定ゲーム数の振分けに設定差がないです。

ここで「特訓」でうまくハマりを回避することが大事になります。

 

 

ただ、ここで、「特訓」が下手だとハマり、ハマり、ハマりの連続で死亡遊戯になります。

ban自体は、巨人の星との相性が抜群だったので、この展開になったことはありませんが、全台設定6のイベントでお隣の方がこの展開で悲しい状況になっていたのを見てました。

 

 

 

こんな話をしてるとアリストクラートの巨人の星を打ちたくなりますw

七匠から巨人の星だしてほしいです。

 

 

次回予告:衝撃的だった4号機パチスロ台「鉄拳R」

次回の衝撃的だった4号機パチスロ台は「鉄拳R」です。

 

 

鉄拳チャンスはほんとうにチャンスなんだから

 

 

 

詳細は、つぎの記事で!

 

 

パチスロでもっと勝ちたいかたはbanのブログ

YouTube設定当てクイズ ~新ハナビ編~

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「【ライター記事】懐かしい!衝撃的だった4号機パチスロ台 ~巨人の星3編~」をご紹介させて頂きました。

 

 

どの機種も懐かしいですね。

懐かしい機種を振り返るとまた打ちたくなってきますねw

 

 

ゲームセンターで懐かしいと感じながら打ったら楽しいですよw

 

 

 

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

 

パチスロでもっと勝ちたいかたはbanのブログ

YouTube設定当てクイズ ~新ハナビ編~

 

 

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ